メニュー

ろばの家

 

 

img_5ba9bcfdf0175

 

< 特徴>

 自主製品(パン・焼菓子・花たわし・石鹸)の製作・販売を主な作業としています。注文表

 特に1989年より作っているパンや焼菓子は、ご近所やお得意様に大変親しまれております。

毎日ボランティアさんと共に昼食づくりをしています。1食300円(希望者のみ)でバランスの取れた食事を提供しています。また調理や後片付け、材料の買い物も作業の一環です。

作業の他には歩こう会、餅つき、花見、一泊旅行などのレクレーションも行っています。

 また通所者の生活に関する相談、支援も行っていますので、お気軽にご相談ください。

ひとりひとりのペースを大切に、みんなが自分らしく過ごせる場所を目指しています。

 

 <施設概要>

    開所時間                                      

月曜日から金曜日 午前9時~午後5時 

土日祝祭日、夏期(5日間程度)、年末年始は閉所

    事業種別 地域活動支援センター精神作業所型
    定  員 30名
   職員体制 常勤職員 2名  非常勤職員 2名 
    対象者  横浜市内在住の精神障がいをお持ちの方で、通院、定期的な服薬ができている方。当センターに通所する事で生活リズムを整えたい、将来的に働くことの準備をしたい等お考えの方。
   作業内容  自主製品の製作や販売。昼食作り、片付け、買い物。その他軽作業。
その他のプログラム  歩こう会・新年会・もちつき・花見・一泊旅行・外食会・忘年会・イベントへの参加など。

 

<ご利用方法>

  • 電話で予約・・・お住まいの区の高齢障害支援課、又は生活支援課を通して見学の予約の申し込みをお願いします。
  • 見学と面談・・・施設見学の後、ご希望があれば面談し、体験利用について詳しくご説明いたします。
  • 体験利用 ・・・原則8日間です。
  • 利用申込み・・・体験利用終了後、ご希望により利用申込書をお渡しします。
  • 通所検討会・・・全ての書類が揃いましたら、ご本人やご担当者、当センター嘱託医等による検討会でご利用の仕方や支援、サービス内容についてなど話し合います。
  • 契約   ・・・ご利用についての重要事項を説明後、契約書を取り交わさせていただきます。  

 

<費用>

 交通費             

無料パス(横浜市福祉特別乗車券)をご利用いただくか、横浜市 の補助制度があります。

 登録料 なし
 利用料

なし

 その他

福利費 1か月500円(レクレーション経費・お茶やコーヒーの購入にお掛かる経費など)

昼食費 1食300円(希望者のみ)

シャワー利用料 1回100円(希望者のみ)

その他の飲食費、一泊旅行参加費はその都度負担して頂きます。昼食費350円(希望者のみ)レクレーション参加費実費

 

<1日の流れ> 

10:15~10:30 ミーティング

10:30~12:00 作業・昼食準備(10分間休憩)

12:00~13:00 昼食・昼休み

13:00~14:30 作業・昼食のあと片付け・買物など(10分休憩) 

14:30~15:00 清掃、ティータイム

※月曜日の午後はレクレーション又はフリータイム

 

<アクセス>

所在地

〒231-0025 横浜市中区松影町3-11-2三和物産ビル3F

TEL/FAX    045-671-9083
メールアドレス  robanoie@muh.biglobe.ne.jp
アクセス  ス      

・JR京浜東北線    石川町駅より徒歩5分

・横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩7分

・横浜駅方面より市営バス(105.106.99.101系統)、又は磯子方面より市営バス(99系統)「吉浜橋」「元町」バス停より下車徒歩8分

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME